たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などのレビュー・感想・情報を中心にお送りする雑多ブログ。

漫画

小林少年×奈須きのこ「月の珊瑚」第2巻及び愛蔵版が5/25に発売

奈須きのこ原作によるSFラブストーリーを、「真月譚月姫」の小林少年氏がコミカライズした本作。ようやく最終巻となる2巻の発売が決定しました。

笹倉綾人「ホーキーベカコン」1巻・2巻が発売――谷崎潤一郎の淫靡なる怪作「春琴抄」を見事な筆致でコミカライズ!

倒錯した情愛を描いた、谷崎潤一郎の奇作「春琴抄」を、笹倉綾人氏が独自の解釈を交えつつコミカライズした本作。 遂に単行本が発売です。

助野嘉昭「双星の陰陽師 18」――愛の為に戦い抜いた一人の男が、今……

連載を追っていた時もかなり「くる」ものがありましたが……単行本でまとめて読むと、「彼」の感情の動きがよく分かって二倍辛い!

助野嘉昭「双星の陰陽師 18」は本日発売! 表紙が……

「双星の陰陽師」最新18巻が本日、3/4発売です。

【千年戦争アイギス】コミックアンソロジーが届きました

まず目次を開いて、

2019年1月発売の注目コミックス発売日まとめ

18年12月分はうっかり更新を忘れていました……。 さて、「平成最後の1月」にはどんな漫画単行本が発売されるでしょうか?

「双星の陰陽師 17」――遂にあの男が前線に!?

表紙は婆娑羅の揃い踏み。神威の位置がちょっと意味深ですね。 (以下ネタバレ含む感想)

11月発売予定の注目コミックス

今年も残すところ、あと2ヶ月。 年末にかけて単行本の刊行数も増えていくので、買い逃がさないように気を付けたいですね。

10月発売予定の注目コミックス

もう10月なんですね。 2018年が残り3ヶ月しか無い! という事実に恐れおののいております……。……それはさておき。 先月に引き続き、今月発売の注目コミックスをまとめたいと思います。 ※ブログに仕様により、一部表紙画像が正常に表示されない場合があります…

「双星の陰陽師 16」――婆娑羅の大攻勢に抗うすべはあるのか?

婆娑羅の一斉攻勢に為す術なく散っていく陰陽師達。 前巻に引き続き、物語はシリアスさを増していきます。また、先ごろ「少年ジャンプ+」において、清弦を主人公としたスピンオフ小説を作者自らコミカライズしたものが連載を開始しています! 『[序章]双星…

2019年9月発売予定の注目コミック新刊

9月も注目作がぼちぼちと。 長期連載作品も目立ちますね。 井上雄彦「SLAM DUNK」 新装再編版(15)~(20) 9/1発売。新装再編版もいよいよ大詰め。 全国大会初戦を収録した15巻から、山王戦クライマックスを収録した最終20巻までが発売。 各表紙……熱いです…

浅野りん「であいもん」5巻――変わりゆく季節と変わらないもの

「早くも」なのか「ようやく」なのか、ともかく無事に5巻の発売です。 物語の季節は冬から春へ。

「蒼き鋼のアルペジオ 16」感想――そして群像は「彼女」と出会う

第二部に入ってからは、世界設定や各キャラクターの掘り下げが多くなっており、読者の中には「展開が遅い」と感じている方もいるようですが、私的には群像劇としての面白みが右肩上がりに感じられ、むしろの戦闘中心の展開よりも楽しんでいる部分があります…

8月発売予定の注目コミック新刊~まさかの「究極超人あ~る」新刊など!

8月も大量の注目コミックが発売されます。 お財布が薄くなる……。

「月刊少女野崎くん」10巻――今回は修学旅行編を中心に収録

文教堂で購入したら、イラストカードが付いてきました。 千代ちゃんの髪がボリューミー!w 今回は修学旅行編を中心に収録。 いつもと違った環境なので、モブキャラ勢の出番が多かったり、朴念仁の野崎も遂に千代ちゃんのことを意識しだしたり、結月から開放…

7月発売予定の注目コミック新刊

最近、買い忘れが酷いのでブログの方でも定期的に漫画本の購入予定、気になる作品などを書いていくことにしました。

「双星の陰陽師 15」感想――紅緒編、完結! そして島の陰陽師達には最大の試練が

誰だよこの表紙のイケメン!? と思った人は単行本を買いましょう(笑)。(以下ネタバレ含む)

金田陽介「寄宿学校のジュリエット」がTVアニメ化決定

別冊少年マガジンで連載開始後、週刊少年マガジンへ移籍し現在も連載が続いている本作。 遂にアニメ化が決定したようです!

浅野りん「であいもん 4」感想

本作は連載でも追っているのですが、単行本で続けて読むとまた違った味わいがあり、作者さんの丁寧な構成力を感じます。

「双星の陰陽師 14」――御前試合衝撃の結末! 一方、紅緒は残酷な真実を知ることに

「最強」である天馬相手に一步も退かぬ「天才」士門。 その戦いは思わぬ決着を見ることに……。一方、「敵」である神威と行動をともにする紅緒にはある試練が待っていました(「紅緒編」は前半部分まで収録)。(以下ネタバレ含む感想)

永野護「ファイブスター物語 14」感想――久々の新刊はツラック隊エピソード満載

ファイブスター物語 14 (ニュータイプ100%コミックス)作者: 永野護出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2018/02/10メディア: コミックこの商品を含むブログ (6件) を見る休載が多いことでも有名な(?)本作。 ファン待望の14巻が遂に発売されました!13巻が発…

「政宗くんのリベンジ 9」感想――劇的に変化していく人間関係の先に待つものは?

特装版の表紙は師匠こと吉乃。表情が最高ですね……。 今回の内容的に、こちらの方が表紙として相応しい気がしますが――

「氷室の天地 11」特装版にはFGO Fesで放送された音源を収録したCDが付属!

2017年末にはFGOとのコラボアニメも放映された本作、久々の単行本ですが……初っ端から飛ばしております。(以下ネタバレ含む)

怒涛の大団円「マギ」最終37巻 感想

連載を追っていた&愛用しているBookLiveサービスは何故か小学館電子書籍の配信が遅いので、今まで感想放置しておりました……。それはさておき。怒涛の展開で幕を閉じた本作。最後までアラジンとアリババのダブル主人公を貫いてくれました。 アニメ三期の声は…

「双星の陰陽師 13」――ろくろvs勘久郎ついに決着! そして士門は最強に挑む

脇役にスポットが当たらない作品というのは奥深さが足りず、かと言って過剰にスポットを当ててしまうと作品としての軸がぼやけてしまう……。過去、多くの作品がその辺りの匙加減を見誤り、盛り下がりを見せたわけだが、本作は――というか作者の助野氏はその辺…

浅野りん「であいもん」3巻 一果の母親の登場に和は――

刊行ペースが早くて助かるような、じっくりと描いていってもらいたいような。(以下ネタバレ含む感想)

今更だけど「映画大好きポンポさん」が面白い

WEB漫画の商業書籍化……というのは昨今では珍しくなく、本作もその例の一つではあるのですが、これがまあ完成度が凄まじい。 映画の都・ニャリウッドで活躍する敏腕プロデューサー・ポンポさんと、彼女に見出された重度の映画オタクな助手・ジーンを軸に、映…

「双星の陰陽師 12」感想――ろくろが手に入れた新たな力とは?

アニメは残念な事に(以下略 (以下、ネタバレ含みます)

戸土野正内郎「どらくま」最終6巻――こうして「戦国」は終わっていく

六巻で見事に描ききった、という印象。

「であいもん 2」――和を巡って「女の戦い」勃発!(そして巻き込まれる一果)

(角川コミックス・エース)" title="であいもん(2) (角川コミックス・エース)">であいもん(2) (角川コミックス・エース)作者: 浅野りん出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店発売日: 2017/05/02メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見る早くも第…