たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などのレビュー・感想・情報を中心にお送りする雑多ブログ。

小泉内閣ではなく「ポスト小泉」が日本に災厄をもたらす

http://nikkeibp.jp/sj2005/column/o/02/
森永卓郎氏のコラム。
確かに、小泉首相が独裁者になる可能性というのは極めて低いわけで*1、問題はその後釜がどのようなベクトルを持った政治家か、という方が重要視すべき問題なんでしょうね。
自民党と言えば「日本に軍隊を」という主張をなかば公然と口にしてきた政党。多少の若返りこそしましたが、本質はそんなに変わっていないわけで。
小渕元首相が急逝した際に、国民から殆んど支持されていない森などという保守的な自民党の権化のような右傾政治家がいとも簡単に首相の椅子に納まってしまった、という事実も既にあるわけで。
国民一人一人が、政治を注意深く見守る姿勢が必要です。先の選挙で自民党に投票した方は、特に。

*1:しかしながら、先の岡山市長選のように「離反した奴は徹底的に叩く」という姿勢はそら恐ろしい物が有りますが