たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などのレビュー・感想・情報を中心にお送りする雑多ブログ。

中二病でも恋がしたい! Episode III「異端なる・・・ 双尾娘」感想

原作はノータッチ。
(以下ネタバレ)
新キャラ凸守が登場。
さて、当初の固さもなくなりクラスの雰囲気も柔らかくなってきたようですが、六花がまだ普通に話しかけてもらえている所を見るに、きっと良いクラスなのでしょうね。電波さんも生暖かく見守ってくれるという(ぉ
そしていつのまにか六花の事を名前で呼ぶようになった勇太。すっかり面倒見のいい兄貴か飼い主のポジションに収まってしまった様子。本人はそんな認識なんだろうけど、傍から見たらカップルにしか見えない訳で、教室内で「あ〜ん」は油断しすぎというか、勇太は相変わらず脇が甘い。
「新しい部活を作る」というのはエキセントリックなヒロインが登場するラノベ作品では最早定番と化した展開ですが、そこにくみんも加わり、しまいには森夏まで入部してしまうとは予想外。森夏も何らかの「属性」を隠し持った女子、という事なのか……? 勇太の事が好き、という線はまずないだろうからして、超腹黒の中ニ病嫌いで六花を落としいれようと画策している、とかですかね?
作画・演出面は今回も安定。相変わらず六花の中二言動と小動物的な可愛さのギャップが素晴らしいし、凸守との戦闘シーン(ただし脳内)も相変わらずの作画力。
六花のチア姿も可愛らしかったけれども、前回リアルに見事な三次元機動(?)を見せ付けたあの運動能力は一体どこへ行ったのやら。まあ、プルプルしている姿も可愛らしいですがw
凸守については、キービジュアルで制服が違うのでどう絡んでくるのかな? と思っていたら中等部所属の正真正銘の年下キャラでしたか。そして六花の向こうを張る中ニ病キャラという事で、六花が一人で空回りするのを勇太がツッコんで事態を収束させる、という展開を封じる為のギミックとして働きそう。

中二病でも恋がしたい!  (1) [Blu-ray]

中二病でも恋がしたい! (1) [Blu-ray]