たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などのレビュー・感想・情報を中心にお送りする雑多ブログ。

進撃の巨人 第15話「特別作戦班」感想

原作は連載を読んだり読まなかったり。原作の内容には触れないor触れる時は前もって明記するスタンス。
(以下ネタバレ)
保護と監視、そしていざという時の「処分」の為に調査兵団の精鋭部隊・特別作戦班に加わる事になったエレン。一方、調査兵団の拠点で捕獲した二体の巨人が殺害されるという事件が発生し――。
特別作戦班の面々もそれなりに濃いキャラクターのはずなのに、リヴァイ兵長のやけに様になっている三角巾姿と、スーパーハンジさんタイムに爆笑してしまいそちらの印象しか残らなかったり。
そんな幕間とも言えるギャグとハンジによる現時点で分かっている巨人の生態についての解説が中心のエピソードでしたが、最後の最後に捕らえていた巨人が何者かに殺されるという大事件が。エルヴィンがエレンに問いかけた「君には何が見える?」という言葉には、事件の真相についてという意味とエレンの大局を見据える能力がどれだけのものなのか試す、という意味の両方が含まれていると思われ……。
こういった、話が動いていないようで実は大きな前振り・伏線になっている雰囲気が漂うエピソードというのは、バトル回と違う緊張感があって非常に好みです。
変人をきどっているミケがエルヴィンの前ではマジモードだった事も印象的。