たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などのレビュー・感想・情報を中心にお送りする雑多ブログ。

シドニアの騎士 #04「選択」感想

原作未読。
(以下ネタバレ)
赤井達を壊滅させた奇居子がシドニアに迫る。艦長は、艦内に大きな被害が出る事を知った上でシドニアを強引な方向に加速させ、一時奇居子を引き離す事に成功する。加速による大量の物的・人的被害を省みる間もなく、防衛準備に追われるシドニア。そんな中、長道はカビザシ回収班の一人に選ばれるが――。

赤井班壊滅から斜め加速まで、まさに息もつかせぬ展開が続きます。1体の奇居子相手にこれなのだから、もし大量に攻めてこられたらまさしくひとたまりもないのでしょう。しかも人類側と同じ原理と思われる粒子ビーム的なものまで使いこなすんですから、そりゃあ太陽系が食らい尽くされたのも無理もなしという感じ。

なので、そんな奇居子を実機に乗るのがまだ二回目の長道が倒したという事実は、まさに快挙としか言いようがないのででしょうね。もちろん、そこまでに赤井達精鋭の死と、加速により無残にも死んでしまった人々、破壊された施設という大きな損害が発生してはいますが……。

更にはその長道が放り出された星白を追って帰還限界点より向こうへ行ってしまって……。シドニアとしては彼を失うのは痛手でしょうが、果たして一個人を救うためにシドニアの軌道を大きく変えるような事があるのか? 次回も予測がつきません。