たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などのレビュー・感想・情報を中心にお送りする雑多ブログ。

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 Episodio 24「ノトーリアス・B・I・G」感想――ある意味最恐のスタンド登場

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 O.S.T vol.1 Overture


今回の満足度:5点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

親衛隊を退けたジョルノ達。ブチャラティは、今がチャンスだとばかりに空港へ向かい飛行機を確保し、サルディニア島へ向かおうとする。

するとそこへ、親衛隊と思しき太っちょの男が現れ、歩み寄ってくる。
警告したにも拘わらず歩みを止めない男を、ミスタは容赦なく射殺。男はスタンドを出現させていたが、その能力も不明のまま絶命する。

これで後顧の憂いは断ったと出発するブチャラティ達。
しかし飛行機内で、ジョルノとミスタは信じられないものを発見してしまい――。

感想

自分の死が引き金となる能力を、親衛隊のあの男はどうやって知っていたのだろうか?w

――等という野暮なツッコミは置いとくとして、作画も戻り演出も冴えたエピソードだった。
……流石に割れた窓ガラスで腕の切断は無理だろう、という感想もあるにはあるがw

話を盛り上げるために仕方ないのだろうが、相変わらずブチャラティ達(特にミスタ)に緊張感がないのは笑えない。
確かに、ジョルノは少々用心深すぎるきらいはあるものの、彼の懸念は今まで尽く的中している訳で、ミスタたちにもぼちぼち意識の変化がほしい所。

新ED曲は、Enigma「Modern Crusaders」

Modern Crusaders

Modern Crusaders

  • エニグマ
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes