たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などのレビュー・感想・情報を中心にお送りする雑多ブログ。

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 Episodio 29「目的地はローマ! コロッセオ」感想

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 O.S.T vol.1 Overture


今回の満足度:5点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

アバッキオが最期の力で遺してくれた「ボスの人相と手」をもとに、ブチャラティ達はデータベースを検索するが、それらしき人物は見つからない。
だが、彼らに失望の空気が漂い始めたその時、ネットワークの向こうから「味方」を名乗る何者かが接触してくる。

警戒しつつも、その何者かが、ボスの本名や「スタンド使い」を生み出す「矢」の秘密を語ったことで、ブチャラティはその人物の言葉に賭けることを決意。
一行は彼が待つというローマへと向かうが、そこには既にボスの遣わした邪悪な暗殺者の姿が――。

感想

「味方」を名乗る謎の存在……一体何者なんだ(棒読み)、などとボケようと思っていたら、キャスト名が思い切り出ていたので、制作陣はもう少し原作未読組への配慮を行ったら如何だろうか? などと思ってしまった(苦笑

「矢」の秘密が明かされるなど、シリーズ通してのある種の節目ともなるエピソードだった。

そして……遂にジョジョ最凶とも呼べるチョコラータ&セッコのコンビが出てきてしまった。
チョコラータのスタンド「グリーン・デイ」の能力は正に恐るべしという感じだが、何よりチョコラータ本人がおぞましい。

ディアボロでさえも嫌悪するチョコラータは、「悪」というよりは「吐き気をもよおす何者か」だろう。
現代の言葉で言えば、サイコパスが最も適切だろうか?
悪逆をなす自分自身に酔うでもなく、ただただ興味本位で持って殺人を行うその姿は、人間以外の何者かにさえ思えてくる。

スタチューレジェンド 「ジョジョの奇妙な冒険」第五部 50.チョコラータ<原型・彩色監修/荒木飛呂彦>

新ED曲は、Enigma「Modern Crusaders」

Modern Crusaders

Modern Crusaders

  • エニグマ
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes